English

自然エネルギー(太陽光発電、植林、国連認証排出権)の環境認証ならGSL

TOP > GSL導入企業様について > 環境への取り組み紹介 > レストラン・ショップ・宿 > 株式会社ケンアンドマイケルベリーカンパニー

月別
業種別
紹介内容別
導入企業の声 導入企業からのグリーンサイトライセンスへのメッセージを紹介!
 

環境への取り組み紹介

農業とは、酸素を供給する産業です。新しい技術でより多くの酸素供給も可能になるでしょう。

2011/03/09

企業名 株式会社ケンアンドマイケルベリーカンパニー
業種 レストラン・ショップ・宿 掲載日 2011/03/09

環境負荷低減型栽培法である人口培土による「養液隔離栽培」によるブルーベリー栽培は、肥料の土壌への過剰浸透、有機質肥料が土中で分解する時の微生物によるCO2発生、大型農機によるCO2発生を伴わず、酸素供給を担うことができる技術です。

弊社はこの技術を応用し、「農業は酸素を供給し、二酸化炭素を吸収する産業である」ことを大いにアピールしたいと思います。科学的にはごく僅かな貢献です。大型農機を使用すれば二酸化炭素の吸収量と排出量は相殺されてしまうでしょう。しかし、排出だけしている産業ではないことに大きな意味があると思います。農業以外の産業で、酸素を排出し、二酸化炭素を吸収する産業があるでしょうか?農業をより技術革新することが環境負荷低減へのアプローチと考えております。

企業名 株式会社ケンアンドマイケルベリーカンパニー
事業内容

ブルーベリー他農産物の生産・販売

URL http://www.kandm-berry.com/