デナジー株式会社|オフィシャルサポーター|自然エネルギー環境認証実績No.1 GSL

自然エネルギー環境認証 TOP > GSLオフィシャルサポーター >デナジー株式会社

デナジー株式会社

デナジー株式会社のロゴ


デナジーは小規模地熱発電を全国に普及させます

デナジー株式会社

会社名 デナジー株式会社
事業内容 地熱、小水力等再生可能エネルギー発電の受託開発、及びコンサルティング業務
設立 平成25(2013)年8月
代表者 代表 中野 大吾
住所 〒141-0021
東京都品川区上大崎4-5-37 山京目黒ビル
社員数
サイト http://www.denergy.jp/

環境宣言

デナジー株式会社のサイトキャプチャー
  • 1、CO2削減につながる活動を応援する
  • 2、節水節電をこまめに行う
  • 3、省エネ商品を積極的に購入する事を心がける
  • 4、ごみ(廃棄物)の分別を行い、再利用を心がける
  • 5、自社サービス・商品はできるだけ環境に意識して積極的に行う

広報インタビュー

  • Q1.経営理念/経営ビジョンなど、この事業に賭ける想いをお聞かせください。
  • A.デナジー株式会社は、再生可能エネルギー、中でも地熱に特化した発電事業を推進する設立間もない企業です。
     「発電所周囲の地元の方々への貢献(Energy service with Dedication)」という私たちの思いを、デナジー(dEnergy)という社名に込めました。
     私たちは、地熱発電を基に地域活性化に貢献できるよう、最適なソリューションを全国に提供していきたいと考えています。
  • Q2.お客様(クライアント)の満足度向上のために、御社で取り組んでいることがあれば、お聞かせください。
  • A.デナジーの特色として、小規模地熱発電を主要な導入技術としている点があります。
     地熱発電は、他の再生可能エネルギーと比べて導入にコストがかかりますが、小規模化することで初期コストを抑えることができます。
     また、発電所周辺の自然環境や景観への影響が少ないこともメリットとして挙げられます。
  • Q3.御社の事業は地球環境にどのような貢献をしているのでしょうか?
  • A.日本は世界有数の火山国で、地熱エネルギーが豊富な地域に属します。
     しかし、これまでに行われた地熱発電の導入は大規模の発電施設が中心であり、
     10年以上かかる開発期間の長さや地元からの反対といった理由により、導入が遅れていました。
     有り余るエネルギーを有効活用し、電力の地産池消を達成することで、環境型コミュニティの創出、エネルギーの外部依存脱却、
     そして地域の発展に貢献してまいります。
  • Q4.最後に、今後の御社のビジョンを聞かせてください。
  • A.日本における再生可能エネルギーは、これまで太陽光発電を中心に導入が進められてきました。
     しかし、太陽光雄発電施設の導入量が急激に増加したことや、出力が不安定であるといった特性により、
     安定的な出力を誇る地熱エネルギーへの注目が一層集まっています。
     近年では地熱発電の導入を促進する法制度の改正が行われ、地熱発電の市場規模は拡大することが予測されるため、
     デナジーとしましても、この折に日本全国に地熱発電を普及させたいと考えています。

編集者コメント

再エネ導入の追い風を受け、地熱発電に特化するデナジー。
太陽光とは異なり、参入には土地開発に関する専門能力が必要だろう。
再エネと地域発展を結び付ける、希有な存在として注目される。

自然エネルギー環境認証 TOP > GSLオフィシャルサポーター >デナジー株式会社